英単語とつづりの間違いを簡単にチェック

スポンサードリンク

英単語とつづりの間違いを簡単にチェック

ビジネス英語における「つづり」いわゆるスペル。

 

インターネットやソフトの進化によって、案外と楽に記入できるようになってきたことを御存知でしょうか。

 

パソコンひいてはインターネットの和英辞書や翻訳ソフトは、特にコツなど必要なく、誰でも簡単に使用できるものです。
ですから、ある程度時間をかければ、誰でも正確に記述できるわけです。

 

また、近年どのワープロソフトにも「スペルチェッカー」と「グラマーチェッカー」の機能が織り込まれています。
更に、その精度も向上しています。

 

英文は勿論のこと各国の言語についてもわかりやすくなったと言えるでしょう。

 

すでに使い慣れている方もいらっしゃるとは思いますが、簡単にステップを御説明します。

 

まず、お手持ちのパソコンのワープロソフトを立ち上げ、Eメールのメッセージを作成します。

 

下書きにあたる作業です。

 

次に、作成した文章を「スペルチェッカー」と「グラマーチェッカー」を使って誤記がないかチェックします。

 

誤記が見つかったら、修正してください。
こうすることで、Eメールメッセージの本文を正確なものにしていくことができます。

 

なお、マイクロソフトのワープロソフトである『ワード』においては、つづりの間違いは赤い波線、文法の間違いは緑色の波線で表示されます。
非常にわかりやすい表示方法ですね。

 

正確な文章が作成できたら、アウトルック・エクスプレスなどのメールソフトを起動させてください。

 

そして、メールの新規作成を選択。
作成した文章をコピー&ペーストすれば、完成です。

 

和英辞書や翻訳ソフトを駆使して上記のステップのように記述していけば、相手先に用件は伝わると思われます。

 

英文でのEメールは慣れない方にとっては苦痛な作業であり、時間も浪費してしまうことでしょう。

 

ですが、目覚ましい進化を遂げているソフトをフル活用すれば、自力でメールを打ち込むよりも短時間でEメールが作成できるはずです。

 

忙しいビジネスシーンにおいて、時間を有効に使えるよう是非フル活用していただきたく思います。

 

時間にゆとりができれば更にスキルアップする時間も生み出せ、良い循環にもなりますよ。

スポンサードリンク


外国為替の相場はいったいどこで誰が決めているの?